他にもさまざまある食品の仕事

調理や食品製造、食品管理の仕事というのは食品に関わる仕事としては「メインコンテンツ」に当たると言えるでしょう。
しかし、食品に関わる仕事はそういったメインとなる仕事だけではなく、より細かい部分をになっているものも存在しています。
そこでここでは、メインではないものの、一部において重要とされる仕事もいくつかあります。

まず、「フードコーディネーター」の仕事です。
この仕事はまだまだ歴史が深いものではなく、聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。
フードコーディネーターというのは、複数の分野を専門とし、それをコーディネートしていくことが仕事となります。

自分の独自の知識を利用して開発を行なったり、レストランをプロデュースしたり、さらにそれらの魅力をアピールしたり、と様々な仕事を行うことになります。
フードビジネスに関わる仕事全体をトータルに扱うのがこの仕事であり、いくつかの分野に専門性を持っていなければならない難しい仕事となります。

そして、「ソムリエ」も食品に関する仕事の一つです。
こちらは有名な仕事であるため聞いたことがある人が多いでしょう。
ソムリエというのはワインの専門家であり、料理によって合うワインを提供したり、客に対してワインの情報を提供したり、といったようなことを行うスペシャリストとなります。

他の料理の仕事以上に自分の味覚を使う事が多い仕事でもあり、多くのワインに親しんで技術と味覚を鍛えていかなければなりません。
本当のソムリエとなるのは非常に難しいため、その方法などについても紹介していきたいと思います。

その他には、「料理研究家」の仕事もあります。
最近ではこの肩書の人がテレビに出ているということも多く、段々と知られるようになってきたのではないでしょうか?
文字通り料理を研究し、既存の料理をより美味しくしたり、あるいは新しい料理を作り出したり、ということを行うことが仕事となります。

自分に合った仕事を選択する

今回このサイトで紹介するのは上述の三つの「その他の仕事」ですが、実際には数多くのその他の仕事というものが存在しています。
一つ一つの仕事はメインコンテンツとなるほどメジャーなものではありませんが、やはりそれぞれの現場においては欠かすことが出来ない存在です。
あまり知られていないからといって、その仕事を目指す理由に欠くということではありませんので、自分の目指す食の仕事を見据えていくことが重要になるでしょう。

そのためにも、まずはどのような仕事があるのかを知ることが重要になります。
その上で、自分の仕事を見つけることができれば、きっとそれが天職となることでしょう。

>>フードコーディネーター
複合的な食のコーディネーター

>>ソムリエ
ワインのプロフェッショナル

>>料理研究家
新しい料理を創造する