オーガニックについて正しく理解していますか?

土壌の汚染やさまざまな問題から食の安全が脅かされるようになり、より安心して口にできるものを選びたいという人が実に増えてきました。
食品以外でも、コスメやシャンプーもオーガニックのものを選ぶという人が増え、特に女性の間ではオーガニックという言葉が身近なものになっています。

しかし、オーガニックの製品を意識して利用している人の中にも、まだまだ正しい理解をしている人が少ないようで、人によっては「オーガニック」と記載されているだけで安心して買ってしまうという人もいるようです。
しかし、オーガニック製品を選ぶのであれば、正しい知識を習得した上で購入してこそ、初めて意味のあるものになります。
「オーガニックコンシェルジュ認定」は、消費者により正しい知識を得てもらうことを目指して立ち上げられた資格です。

認定講座の受講とレポート作成が軸

オーガニックコンシェルジュ認定は、講座を受講して検定試験を受けるという流れではなく、eラーニングで講座を受講し、受講完了後にレポートを作成、提出して認定の可否が判定されます。
eラーニングは6週間受講する形になっていて、学習を進めるには自分で資料を探して学びを進めていくというユニークな形式です。

民間資格は地方になると試験会場が限られていて、人によっては遠すぎて受験できないということもあるようですが、eラーニングでの受講とレポートの提出であれば、自宅にいながらオーガニックに関する知識を深めることができます。
認定の手続きなども済ませられるのでとても効率的ですね。

オーガニックコンシェルジュ認定について

オーガニックコンシェルジュ認定講座は受講資格を設けていないので、年齢や学歴を問わずどなたでも受講することが可能です。
講座はeラーニングになるので、パソコンとインターネット環境は必須。
それに加えてPDFファイルを見られるソフトをインストールしておく必要があります。

受講期間は6週間と定められており、一時的に講座を中断することはできません。
6週間をオーバーしてしまった場合にはそこでタイムオーバーとなり、レポートの添削もしてもらえないので、スケジュールを調整しながら受講を進める必要があります。
ただし事前に分かっていて、どうしても期限内に受講を終えることができない場合は早めに協会に連絡することで受講期間の延長を検討してもらえるようですので、早めに連絡してみましょう。

認定の合否判定は難しいものではなく、講座の流れに沿って資料を探しながら学習を進めれば、十分認定されるレベルの知識をつけることが可能です。
オーガニックへの理解を深めようとするやる気が重要になりますので、前向きに学習に取り組むことが認定への近道です。