すしエンターテイナーとは?

PAK13_osusiebitare20140426500ユニークな資格の一つ目として紹介するのは、すしエンターテイナーという資格です。
文字通り寿司に関する資格ですが、エンターテイナーの名前が示している通り、お客さんに喜んでもらえるような寿司を提供する、ということがこの資格の至上命題となっています。
では、この資格の具体的な概要についてまずは紹介していきましょう。

この資格の認定試験を行なっているのは、有名な回転寿司チェーンである「すしざんまい」です。
すしざんまいでの職人を養成するという目的でスタートしているために、大衆寿司の新しい形を提供するという目的が付随しています。
では、この資格を取得するためにはどのような条件があるのでしょうか?

すしエンターテイナー資格の取得には、すしざんまい喜代村塾という養成学校の講座を受講しなければなりません。
この講座を受講した上で、1年3ヶ月以上店舗実習を受ける必要があるため、少なくともすしざんまいで仕事をしていなければ取得することが出来ないということになります。
社員対象の店舗実践訓練とアルバイト対象のものがありますので、正社員でなくとも取得することは可能です。

受験資格としては年齢制限が設けられており、18歳以上40歳未満の適格者でなければなりません。
年齢とは別に適性検査と面接が行われ、受講に適しているかどうかを判断されることになるのでまずはそこからスタートということになります。

試験の内容

では、この資格試験の内容についても簡単に紹介していきましょう。
この試験は主に知識と技能の2つの部門について問われることになります。

まず知識部門については、調理士養成指定科目があります。
これは文字通り調理についての基本的な知識を問う問題ということになります。
そしてもう一つがエンターテイナー科目で、こちらでエンターテイメント性を問うことになります。

技能部門については、調理場での基礎実習と、店舗における総合実習が行われます。
知識と技術だけではなく、実際に店舗で通用する実力を持っていなければならないということになりますので、比較的ハードルの高い資格だということが出来るでしょう。

ちなみに受講料は3ヶ月で40万円、諸経費として5万円が必要なので、比較的高価な資格でもあります。
試験は東京会場のみでの実施なので、地方の人は少々取得がしにくいということについても承知しておく必要があるでしょう。