ワインのスペシャリスト・ソムリエの仕事

食のなかでも、特に「ワイン」についてのスペシャリストであるのがソムリエという人たちです。
もともとはフランスから生まれた職業で、料理に合わせたワインを提供することを目的として初まりました。
ヨーロッパに比べるとワインを飲む機会が少ない日本でも少数ながらソムリエは存在しており、その確かな知識と技術、そして味覚と嗅覚によってワインを提供する仕事をおこなっています。

日本国内におけるソムリエは、日本ソムリエ協会が認定しているソムリエ資格か、全日本ソムリエ連盟によるソムリエ資格を取得しています。
ただ、このソムリエ資格には大きく三つの種類があり、ランクが違っています。

まずは、日本ソムリエ協会のソムリエ資格のランクについてです。
最も下のランクとなるのが「ソムリエ資格」で、これはワインやアルコール飲料の提供業務を5年以上続けており、現在もその仕事を続けていることが受験の資格となります。
その上で、ワインに関する試験にも合格する必要があるため、受験資格が比較的厳しいのが特徴です。

次のレベルとなるのが「シニアソムリエ資格」です。
こちらの資格はソムリエ資格を取得してから3年間以上、かつワインやアルコール飲料の提供業務を10年間以上続けていることが受験資格となります。
試験の内容もさらに難しいものとなり、取得者は少なくなります。

そして最高レベルに当たるのが「マスターソムリエ資格」です。
こちらは試験や受験条件などがあるわけではありません。
ただ、シニアソムリエから関係者が推薦をすることによって選ばれる、というものですので、より実践的であり、名が知られているソムリエでなければこの資格を取得することはできません。

また、日本ソムリエ協会はソムリエとしての資格だけではなく、ワインアドバイザー資格やワインエキスパート資格などの試験も行なっており、より手軽な資格として利用することもできます。

全日本ソムリエ連盟

では、もう一つの団体である全日本ソムリエ連盟の方の認定試験について紹介していきます。
こちらが実施している資格は2つの種類となります。

一つ目となるのがソムリエ・ワインコーディネーター資格です。
所定の講習を受講した上で、試験に合格することが条件となります。

そして二つ目となるのがプロフェッショナルソムリエ資格です。
こちらはソムリエ・ワインコーディネーター資格を取得した上で講習を受け、さらに試験に合格することが条件となるのでさらに厳しい資格となります。

ちなみに、現在日本国内に「ソムリエ」として認められているのは、6人しかいません。
非常に狭き門の仕事だと言えます。