仕事の多様性という点ではクッキングアドバイザーは幅広いです。
クッキングアドバイザーがどのようなお仕事なのかというと、名前からも分かるように料理に関するアドバイザーです。
調理効くや料理の製品を実際に使用して商品のPR等を行うのがクッキングアドバイザーですので、「クッキングアドバイザー」という名前は知らなくとも、活躍している姿を見た事がある人は多いのではないでしょうか。

スーパー、デパート、イベント会場等、様々な場所で活躍しているのがクッキングアドバイザーですが、クッキングアドバイザーは実に多様性のあるお仕事です。
なぜなら、クッキングアドバイザーは「クッキングアドバイザー」という資格があるのではなく、総称の様なものです。
料理のクッキングアドバイザーもいれば、器具のクッキングアドバイザーもいますし、試食会を主に行うクッキングアドバイザーも居ます。

所属先

そのため、クッキングアドバイザーの所属先もまた、様々なのです。スーパーやデパートの店員のケースもあれば、食品メーカー勤務の人もいますし、調理器具メーカーの人間もいます。
そして「クッキングアドバイザー」という資格がある訳ではありませんので、クッキングアドバイザーとして働きたいと思ったら実に様々な方法があるのです。
ですがクッキングアドバイザーはいわば実力の世界とも言えます。

なぜそのような形で公衆の面前に立つのかと言えば売りたい物があるからです。
通販番組等で巧な話術で料理しつつ、いろいろな物を紹介しているクッキングアドバイザーもいますが、物を売るためにはただ実演すれば良いのではありません。
見た人が「買いたい」という気持ちになれなければならないのですから、消費者心理を理解した上で活動する事が求められるのです。

利益も大切ですから

自己満足ではなく、商品を売って利益と言う結果をもたらさなければならないものなのです。
ですからクッキングアドバイザーはクッキングアドバイザーになったら終わりではなく、クッキングアドバイザーとして活動して多くの利益をもたらす事が出来るような人間なのかどうかが問われるのですから、販売士検定ですとかセールスキル検定といったように人の前に出て物を売るためのテクニックを得られるような資格を持っていると武器になります。

人気が出ればメディアから紹介される事もありますし、自分自身の実力が売り上げという数字になってすぐに表れてくれますので、その点ではとてもシビアな世界ですが、だからこそ遣り甲斐がある世界でもあります。
クッキングアドバイザーとして様々なメディアに出たいと思うようになったり、少しでも売り上げに貢献したいと考える人など、その思いも様々なものがあるようです。