スポーツ栄養士はスポーツ選手の栄養面を支えるとても大切なお仕事です。
人間は食生活によって自分自身が形成されると言っても過言ではありません。
なぜなら人間の栄養補給は食事なのです。

どのような物を摂取するかによって自分の体は変わるものなのです。
例えばコレステロールの高い食事ばかりを続けていたら太ります。
太るだけではなく、高血圧やメタボリックシンドロームといった症状を引き起こしかねません。

一方、栄養バランスを考えた食事を摂取していれば体型とて良いものになります。
これはスポーツ選手とて例外ではありません。

パフォーマンスです

むしろスポーツ選手の場合、ただ規則正し生活を送るのではなく、競技でより良いパフォーマンスをするための栄養が大切になってくるのです。
一般庶民の食事とは微妙に異なるのですが、そのためのアドバイスをするのがスポーツ栄養士です。

ですから当然ですが食に関する知識を蓄えておかなければなりません。
栄養士ですとか、管理栄養士の資格を取得していると説得力があります。

スポーツ栄養士として活動するのであれば、栄養士の資格は必須と言っても良いでしょう。
そもそもスポーツ栄養士で会っても栄養士である事には間違いないのですから。
ですが、近年スポーツ選手と食の関係はより深いものになっていますので、食事面でのアドバイスだけではなく、例えばサプリメントですとか食事するタイミング。

専門的です

何を摂取するとどのような能力が高まるのかといったように、一昔前では考えられなかった事まで考慮した上でアドバイスする事が求められるのです。
特にスポーツ選手と言っても様々です。
短距離走の選手とマラソンの選手とでは理想の食生活は異なります。

自分が担当するスポーツ選手がどのような能力を欲しているのかによって、提供すべき食事も変わるのですからどのようなスポーツ選手にもアドバイス出来るよう、幅広い知識が求められますし、サプリメントと体の関係ですとか、様々な知識が必要になってくるのです。
スポーツ栄養士になるためには養成学校を経てというケースが多いようですが、先に話したようにスポーツ栄養士に求めるものが多様化していますので、養成学校の指導だけではなかなか難しく、養成学校に通いつつボランティアを行って他のジャンルの知識を得たりするなど、様々な知識を持つ事が求められています。
スポーツ選手の側からすれば、スポーツ栄養士としての知識だけではなく、例えば通訳も出来ればマッージまで出来る。

一人で何役も行ってくれるような人の方が良いのですから、スポーツ栄養士として仕事をこなすためにはスポーツ選手から信頼されるだけの説得力を持っていなければならないのです。
栄養はもちろんですが、運動効果等まで考える必要があるのがスポーツ栄養士です。